ネクタイの結び方

 

最も一般的で基本となる結び方です。

簡単な結び方で小ぶりで小さめの結び目に仕上がります。

ネクタイの種類やシャツの襟の形を選ばないため、あらゆるスタイリングに使えます。

 

 

 

 

 

上品なクラシックスタイルに合う結び方です。ウィンザーノットの手順をひとつ省略した結び方で、ノットの形状はプレーンノットより横幅があり、おにぎり型に仕上がります。
ノットの大きさはプレーンノットとウィンザーノットの中間位の大きさとなります。

 

 

 

 

 

結婚式で使用される結び方です。
ウィンザーとは元英国皇太子エドワード八世を意味しています。
正統派の英国式スタイルに合わせ、ワイドカラーや襟羽根の開きが大きめのシャツに合わせるのに最適です。大きめのノットが作れるのが特徴です。

 

 

 

 

 

アスコットタイのようなスタイルなのでフォーマルな席で使用します。
先にプレーンノットを結んで、最後に大剣をくるりと返してノットを隠してしまいます。見た目はノットがないのでスカーフかアスコットタイのように見えます

 

 

 

 

 

 

パーティーにおすすめなネクタイの締め方です。
小剣を使って結びあげるため、ノットは小剣がクロスした状態で仕上がります。あえて崩したように結ぶ際に用いてみると上手く仕上がります。

 

 

 

 

 

結婚式の二次会など少々改まった席でおすすめなネクタイの締め方です。
左右に巻き込む部分を左右対称にし、結んだ後二つの三角形を綺麗に調整すると上手くいきます。
強く結びすぎないこともコツの一つです。

 

 

 

 

 

 

ノットを作ってからタイを首に掛ける結び方です。
最終的には鏡を見ながら小剣を後ろにずらして整えます。
不器用な方に向いています。
仕上がりは「オリエンタルノット」と同じです。

 

 

 

 

結び目が小さく仕上がるため、太めのネクタイや襟口のせまいシャツに特によく合う結び方です。
大きな襟やワイドカラーのシャツとの組み合わせは避けるのが無難です。
ネクタイを180度“ねじる”のがポイントです。

 

 

 

 

プレーンノットの巻きつけを二重にする結び方です。
ノットはかなり大きめになるため、襟羽根の大きいシャツに合います。
剣先がいつもより高い位置になるため、長めのタイを使うのがおすすめです。

 

 

 

 

 

無地で光沢のあるネクタイがオススメです。

折り目がはっきり浮き上がり、目にも美しい仕上がりになります。

 

 

 

 

 

トリニティとは3重、3つ組みなどを意味します。

結び目を目立たせるポイントは、パターンがシンプルな柄か、無地タイプがおすすめです。

 

 

 

 

 

インパクト抜群のテクニカルなスタイルです。

「魚の骨」を意味する結び方となります。

 

 

 

 

 

結婚式や二次会などで是非おすすめの結び方です。

無地でもレジメンタルでもかっこよく決まり、

ネクタイの柄によって仕上がりが異なりますが際立った個性を強調することができます。

 

 

 

 

 

結び目が1重ではなく3重になっている点が特徴です。

ネクタイ自体に少しボリュームがあり、色は光沢を帯びているアイテムがこの結び方によく合います。

エレガントな雰囲気を演出出来ます。

 

 

 

 

 

映画「マトリックス リローテッド」に登場するメロビンジアンからインスパイアされた結び方と言われています。